日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

4月26日(水) Lost in Translation

映画Lost in Translationの舞台となっていた「Park Hyatt Tokyo」に初めて足を踏み入れました。こんな高級ホテル、もちろんプライベートの用ではなく、仕事ね。アーチストを汐留の本社で行なう打ち合わせにお連れするためです。

緊張して待ち合わせ時間の1時間15分も早く到着してしまった・・・。小心者だもんでね。怪しい田舎物よろしく、ロビーを徘徊しましたが、さすが日本の名だたる高級ホテル。素晴らしい内装です。
f0043275_14451571.jpg

f0043275_14453139.jpg

そして外人多し。しかもみなさま、いかにもお金モチセレブって感じ。そしてホテルのスタッフは英語・フランス語必須?と思うほど。彼らの語学堪能っぷりに惚れ惚れとしていました。
あまりにも長い間、誰かを待っているので、ホテルマンも不審に思うのか、「何か御用はありましたらお申し付け下さい」と最上の笑顔で話し掛けられた。。恥ずかしい。

待ち合わせ時間になってもアーチストは現れない。。本社では、様々な人が準備して待っているので、待ち合わせ時間から5分経過したところで電話をしてみる。すると「あと10分後に行きます」だって。ええええーーー。でも言い募るとキレルのは分かっているので(子供か!?)、忠犬ハチ公のように待つ。やっと現れたーーと思ったら、開口一番「今日は予定より30分早く帰るのでそのように手配して」ですって。本社で一生懸命企画&準備をしている先輩の顔が思い浮かぶ。でも彼の指示はたいていにおいて覆ることはないので、本社に電話。。「予想の範囲内です」とのお答え。いやー外人セレブっていいよな、、、。サラリーマン常識は一切通じないのです。

新宿から汐留の交通渋滞もあり、到着は予定より30分遅れ、お帰りも30分早まり、バタバタとした打合せになってしまいましたが、もちろん最後までお詫びの言葉はありませんでした。
気を使いまくって疲れました。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-04-29 14:59 | お仕事