日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

4月28日(金) 長い一日

二日酔いと寝不足に苦しみながらも4時半に起床。なぜかというと、今日も日課となっているPark Hyattに行くため。朝8時半から、担当ブランドのアーチストと弊社社長との面談が予定されているから、何としてもアーチストを時間通りに連れていかなければならないのです。私のサラリーマン人生がかかっている重要な仕事、と上司に脅されました。。サラリーマンって悲しい、とつくづく思いました。

月末だし、朝だし、渋滞が十分予想されるので、通常は車で30分もあれば新宿から汐留本社まで行けるところ、1時間前に来て欲しいと依頼したものの、「No」との答え。じゃ、せめて45分前は?とトライし、それは了解してもらいましたが、いやはや。。
とはいえ、約束時間通りに来てもらえない可能性大。社長は8時半から20分しか時間は取れないと予め秘書の方に言われていたし、もし遅れて社長面談が出来なかった場合は、上司が謝りに行くという、関係者一同決死の覚悟。
なので時間通りに彼がエレベーターから現れてくれた時には、さんざん振り回してくれた我侭王様だけど、後光がさしてるように見えました。朝早いのが、未だにむかつくのか早速文句言われたけどねーー。それは、はいはいといなして車に押し込みました。
という訳で無事、社長面談決行。朝9時に、私の今日の仕事は終わったかのような、達成感を味わいました。上司に「今日、もう帰っても良いですか?」と聞いたところ「それなら僕も帰る」だって。きっと上司もものすごく緊張していたのでしょうね。

夜は、アーチストが楽しみにしていた、というか、このために来日が実現した、東京写真美術館で行なわれた、彼が敬愛するGuy Bourdinという写真家の内覧会とパーティーに出席。
f0043275_1752110.gif

多くのアーチストにリスペクトされているという、Guyの写真は難しいな、と感じるところもありましたが、赤色を斬新な手法で使っていて、心に残る写真がたくさんありました。といっても、アーチストと、今度は弊社会長との面談が滞りなく行なわれるかでハラハラしたり、内覧会に来ていた芸能人にくぎづけになってたり、で写真はゆっくり見れなかったのですが。。
浅野忠信、永瀬正敏、木梨憲武は分かったけど、多分他にもいっぱいいたのだろうな。なかなか気付けないものですね。上司なんて、浅野忠信の隣に普通に座っていたので「隣、浅野忠信ですよ!!!」と教えてあげたら「え?誰それ??」と言っていました。最後の最後で「もしかして座頭市に出てた?」とか言ってたけど、遅い!!ちなみに浅野忠信はかっこ良かったです。恥ずかしくて写真撮れなかったのが悔やまれる。。

ロブションで行なわれたパーティーはものすごい人だったのと、アーチストもお友達がたくさんいるので(というか無理矢理招待させられて)、もう大丈夫だろう、と上司と二人で抜け出し、恵比寿のビアホールでお疲れ様会をやって頂きました。上司と飲むと、いつもピッチが早くなってしまい、飲みすぎちゃうのだけど、もちろん今日も。
上司はいつもサラリーマン人生について語ってくれるのですが、今日は家庭のことも含めて色々語ってくれて盛り上がりました。明日から9連休だし、心地良い開放感!アーチストが帰国するまであと2日あるけど、もう大丈夫でしょう。大変だったけど、色んな出会いもあった、アーチスト来日でした。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-04-29 17:05 | お仕事