日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

5月2日(火) 松本城

朝5時半に起きるつもりが、想定範囲内の1時間遅れの6時半に起床。
急いで支度をして、実家へ。
実家の車を借りて、1泊2日の松本&上高地への旅へレッツ・ゴー。

夏のチェコ旅行に向けて、お金をセーブするため、今年のGWは遠出をしないつもりだったのですが、1週間前くらいから「どこかに行きたい熱」に浮かされ、じゃらんを購入。夫が松本にも上高地にも行ったことがないというので、今回の行き先を決めました。

チチ自慢のRX-8での快適助手席の道中。眠そうな夫を差し置いて、中央道のほとんどを寝て過ごす。。夫は想定範囲内だったと思いますが、私は起きるや否や「え、もう着いたの!早いねー」と言ってしまいました。寝てたくせにーーという視線を横に感じましたが、だって、家を出てから3時間半くらいで着いたんだもん。ホントに早いじゃんか!(←まさに逆ギレってやつです)

ランチは会社の同期と何度か行ったことのある、「しづか」にて。
f0043275_12592261.jpg

創業60年というこのお店、松本民芸家具の創立者が内装を手掛けており、木の深みと暖かさを感じる空間がとても心地良い。。
信州大学院出身の同期が学生時代ここでバイトをしており、過去に連れてきてもらったのです。
地鶏の照り焼きランチを選びましたが、おいしく且つボリューム満点。

お次は松本城。
f0043275_135421.jpg

私は3度目ですが、何度来ても松本城の素朴な美しさに心奪われます。戦国時代に作られただけあって、華美な装飾のない質実剛健な造り。けれど、凛とした力強さがあって私は好きです。城の中には鉄砲や甲冑などが展示してあって、興味深く見学しながら最上階へ。階段は狭く急勾配で、昔の人の足腰の強靭さに感心します。

白線流しのシーンを思い浮かべたりしながら、城下町の街並を散策。
f0043275_13122363.jpg

雨は降ってないけれど、太陽は雲に隠れてしまっていて肌寒く、そそくさと退散。

本日最後に旧開智学校を見学。
f0043275_13161829.jpg

明治9年から昭和37年まで小学校として使われていた建物なのですが、「はいからさん」を思い出すような擬洋風建築。内装もとってもお洒落!
f0043275_13183684.jpg

教科書なども展示されており、日本の学校教育の変遷が良く分かります。
f0043275_13193287.jpg

昔使った教科書もおみやげ品として売られていて、祖母のために購入しました。

宿はじゃらんで見つけた「プチホテル アルム」
離れにある露天風呂もお食事も、オーナーのママの人柄もとっても良かったです。居心地が良すぎて早めに就寝。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-05-06 13:22 | 旅行