日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

8月11日(金) 甲子園

掃除もパッキングもしなくなくって昼間っからダラダラと過ごして、なんとなーく甲子園を斜め見していたのですが、「佐賀商業対桐生第一」の試合に釘付けになってしまいました。

8回の裏2アウトまで佐賀商業が5対2で勝っていたのに、そこから4連打(5連打?)の猛攻で桐生第一が6対5で逆転。その後、9回の表に佐賀商業無失点で敗退。。
8回の裏、あと「1アウト」がなかなか取れなかったピッチャー。そこまでは素晴らしい出来だったのに。佐賀商業はあのときまで100%の勝利を確信していたことでしょう。
試合終了のサイレンを聞いた瞬間に泣きぐずれる佐賀商ナインに、貰い泣きしてしまいました。
特にピッチャーの心境を思ったら、、、もうダメ。

私も中高時代、ソフトボール部でなんちゃってピッチャーをやっていたので、1アウトの重み、そして、仲間達の思いを背負いながら投げ続けるピッチャーの重責(もちろん他のポジションもそうだと思うけど)と、それに応えられなかった時の悔しさ、ふがいなさを遠い目をしながら思い出したりしました。

きっと彼は、取れなかった「1アウト」のことを忘れることはなかなかできないでしょう。
でも、きっと、いつか、時が解決してくれることでしょう。青春時代の甘酸っぱい思い出として。

あー、いいな青春って。
青春をとっくに通り越してしまった私はいい加減、片付けでもしようっと。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-08-11 13:08 | 日常あれこれ