日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

8月26日(土) おばあちゃん家

途中、離れたこともあったけど、20年以上、住んでいたのは(母方)の祖父母の隣。
幼い頃は、家で嫌なことがあったり、親に怒られたりしたとき、駆け込んだのはいつも祖父母の家。(私は家出と認識していました。隣だけど)
そして、夏休みには従兄達が集まり、毎日みんなで祖父母の家で過ごしていました。日中は、午前中は宿題をやらされ、午後は、プールで遊び、夜にはトランプをしたり、お菓子を食べながら話したり。

関東大震災にも壊れなかったという、丈夫で古い家は、私達、家族にとって大好きな、たくさんの思い出が詰まった場所でした。

しかし、一昨年、祖父がなくなり、老朽化も激しいということで、祖母と従兄一家が同居するのを機に立て直すこととなりました。
今日、取り壊される前に親戚が集まり、私にとって、第二の我が家で最後の晩餐をしました。

昼間は引越しの手伝いをするふりをして、いとこと昔のアルバム探し。
祖父母や母、伯母や叔父の昔の写真を見て、大笑いしたり、家の中を久しぶりにくまなく歩いて思い出に浸ってみたり。
夜は、総勢、15名でお寿司を食べて、昔、みんなでよくやったトランプ(うすのろばかまぬけ)をしたり。みんなでよく笑い、よく喋りました。

祖父母の家がなくなってしまうと、私の心の中のお部屋が一つなくなってしまう。。
でも、きっと、新しいお家で、また新しい思い出を作っていけるはず。
そこにおばあちゃんがいる限り!!
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-08-27 22:07 | お出かけ