日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

8月27日(日) ウェスト・サイド・ストーリー

NYではミュージカルをまさに「観まくり」状態でしたが、日本だと、高いし、そもそも今日本でやっているのは、既に見たミュージカルばっかりなので、帰国して半年経ちますが、全然見に行ってません。。

でも、NYで知り合った大学の後輩が誘ってくれたので、今日、「ウェスト・サイド・ストーリー」を見に行ってきました。
f0043275_22155287.jpg

劇団四季ではありませんよん。アメリカ人キャストの日本公演です。

私にとって、ウェスト・サイド・ストーリーといえば、大学二年のときに選択したミュージカルのクラスの、グループ発表で選んだ作品。
何度も何度も映画を見て、練習をしたのが懐かしい。

今日、舞台版を見て、改めて思ったこと。
それは、1950年代に作られたミュージカルですが、ストーリーも音楽も、全然古いと感じない素晴らしいミュージカルであるということ。
ストーリーに関していえば、「ロミオとジュリエット」がベースになっているので、むしろ、シェイクスピアの時代から、変わらないテーマといった方が良いですね。

憎しみからは、憎しみしか生まれないこと、その負の連鎖を断ち切るのは、相手を許す心と、人間愛であること。

このミュージカルはメイド・イン・アメリカですが、アメリカ人にこそ、今、観てほしいミュージカルであるような気がします。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-08-27 22:33 | お出かけ