日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

12月24日(土) 鹿児島旅行初日

24日から2泊3日で夫と鹿児島旅行に行ってきました。

最初は連続休暇を取得して、海外に高飛びしようと思っていたのに、
色々あって月・火しか休めないことになり、
それならマイルを使って国内、ということで鹿児島になったのです。

なぜ鹿児島?あったかい所に行きたかったから。
冬の沖縄は行ったことがあるので、ならば鹿児島、と短絡的に
決めたのですが、後でそんなに暖かくないことが分かりました。
ただ、今年は暖冬なので、東京含めて、全然冬らしくないよね。

本を買ったり、鹿児島に詳しい(アド街っぽいね)F子に情報を
頂いたりして、夫がプランを作成してくれました。
夫はこうゆう時、旅のしおりみたいなものを作成してくれます。
つくづく出来た夫なのです!

鹿児島空港でレンタカーをして、3日間の仲間となる
マーチちゃんをゲット。小回り利きます。
f0043275_21393711.jpg


まず向かったのは、F子推薦のラーメン屋「こむらさき」
f0043275_21414841.jpg

f0043275_2142239.jpg

鹿児島ラーメンと言えば、とんこつ、そして豚!
味はベトナムのフォーを思い出す、あっさりとした塩味でした。
久々のラーメン、おいしかった。夫は大盛りを残さず平らげてました。

お次は、知覧の武家屋敷へ。
薩摩の小京都と言われる武家屋敷群は、江戸時代に薩摩藩が
築いた「外城」だそうです。ぽかぽかお天気の中、美しい景色を
眺めながらのーんびりお散歩。
f0043275_21474234.jpg

f0043275_21475837.jpg

f0043275_21481786.jpg

f0043275_21483455.jpg

そして、どうしても行きたかった「知覧特攻平和会館」へ。
以前、映画「ホタル」を見て以来、日本人として一度は訪れなくてはと
思っていた場所です。
f0043275_22173228.jpg

17歳~25歳くらいまでの若者を中心に1,036人以上もの尊い命が
特攻を命ぜられ犠牲になったのです。
館内には、若者達の写真、そして遺書・絶筆が展示されています。
凛々しくすがすがしい隊員の写真に、なぜ死を前にして
そんな笑顔ができるのか、不思議でなりませんでしたが、
遺書や絶筆を読んで、少し理解ができました。
国を思い、家族を心から思う心情が強烈に伝わってくる言葉。
心に突き刺さってきて、痛かったです。
ある遺書にこんな言葉がありました。(正確ではありません)
「願わくば、日本が将来、立派な国となることを信じて、笑って行きます」
決して、特攻を是認するわけではありませんが、
たった60年前に、日本の将来、未来のために死んでいった若者達は
今の日本を見て、どう思うだろう、、、と考えてしまいました。
自殺、いじめ、子どもの親への暴力、そして親の虐待、、、。

是非、鹿児島に行く機会があったら、訪れてみて下さい。

今日の宿泊先はいぶすきの「秀水園」
砂むし風呂を体験し、イブの夜に和食?だけど、最高のお食事を頂きました。
かまくらの中にお刺身が!
f0043275_2218121.jpg

食べても食べても、新たな料理が出てきて、満腹丸です。
ハッピーメリークリスマス・イブ。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-12-28 22:27 | 旅行