日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

8月12日(日) ウズベキスタン3日目

サマルカンド2日目は、まず「ビビニハム・モスク」へ。
f0043275_21213055.jpg

1399年、インド遠征から帰ったティムールは、世界に比べるものがない
壮大なモスクを造る決意をし、多くの人々に過酷な労働を課して、異例の
速さで建設させた、、、ものの、あまりに壮大すぎて完成直後から
崩壊しはじめ、廃墟になってしまったとのこと。(地球の歩き方より)

往々にして権力者って、「どこよりも高いもの、大きいもの」を造って
自分のすごさをアピールしようとして失敗していますよね。
現代における高層ビル競争を空恐ろしく思います。
バベルの塔じゃないけど、人間は地に足のついた生活をしないと
どこかおかしくなってしまうような、、、と、15階で仕事をしていると
(そんなに高くないけど)ふと思う瞬間があります。

いけない、いけない、夏休みなんだから、会社のことは忘れなくっちゃ、、
と意識をシルクロードへ。

次に向かったのは、シャーヒズィンダ廟群。
ティムールゆかりの人々のお墓。
巡礼者が多く、厳粛な雰囲気。突然お祈りがはじまります。
f0043275_17532381.jpg

数々のお墓(モスクのような建物)の装飾が美しく、目も心も奪われます。
小高い丘にあるので、風も気持ちよく、階段に腰掛けて
しばらくぼーっとしてました。

シルクロードといえば、バザール。
f0043275_1758065.jpg

サマルカンドはパンがおいしいというけど、後で他の街のパンも
食べて、それを実感しました。
でも、、他のものは、日本人には合わないかも。
羊、油がギトギトしたスープ、そして生野菜は食べれない。。(悲)

写真は、ライトアップしている「グリ・アミール廟」。ティムールのお墓です。
きれいだけど、ちょっと怖い。。お墓だし。
f0043275_17592711.jpg

[PR]
by hinaokunio2 | 2007-09-02 17:59 | 旅行