日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

カテゴリ:旅行( 34 )

3日目、そして最終日は、テニスがメイン。
なにも広島行ってまでテニスしなくても、、という気持ちが
ないわけではないけど、元々はテニスで繋がった友達なので
欠かせない行事、、らしい。

マッキー行き着けのリゾートホテルのテニスコートを予約
してもらって、2時間たっぷりテニスを楽しみました。寒かったけど。
コテージも借りておいてくれたので、テニス後にシャワーも浴びれたし、もう最高。

私はテニスで疲れちゃって、コテージでだらだらしちゃったけど、
みんなは昔ながらの街並みが残る竹原観光に行って、広島ツアー終了。

マッキー、ひとちゃん、W陽子ちゃん達のお陰で
とーーーっても充実した連休を過ごすことができました。ありがとう☆
わいわい楽しく過ごしていた分、家に帰ってきてから寂しくなっちゃったくらい。
またみんなで旅行に行きたいな。
[PR]
by hinaokunio2 | 2008-01-20 16:19 | 旅行
2日目は広島ツアーの定番、原爆ドームと宮島へ。

なんと、マッキーがこの日のために、バス(しかも後ろにサロンが付いているやつ)
を1台借り切ってくれたのです。お酒やお菓子を持ち込んでまるで修学旅行気分。

まずは原爆ドームへ。
訪れるのは2回目ですが、罪のない人々を襲ったあまりに凄惨な出来事に
胸が痛くなります。
ボランティアの方の説明を聞いたのですが、最後にその方も原爆被害者と
知り、未だに残る戦争の傷跡を実感しました。
f0043275_1556121.jpg

f0043275_15564413.jpg

バスの中でアナゴ弁当を食べて(私はうなぎは食べれないけど
あなごは食べれます。みんなに不思議がられるけど、、そうゆう嗜好なのです)
フェリーに乗って、宮島へ。厳島神社です。
f0043275_15583221.jpg

鹿に囲まれてみたり、高台に上ってみたい、お茶したり、ちょっと寒かったけど
のんびりとした時間を過ごしました。

夜は、これまた絶対外せない「お好み焼き!」
何件ものお好み焼き屋が軒を連ねるお好み村へ。
人気店には行列、そうでもない店は全く人が入っていないという
明暗がはっきり分かれていたのですが、人数が多いので、ばらばらとしちゃうよりも
みんなで入れる店、というのを第一優先に選びました。
(広島在住の従姉妹&お友達は相当不安そうでしたが、、)

14人もの団体を受け入れたことがないのか、店主は多少いっぱいいっぱいに
なっていましたが、東京組としてはとってもおいしいお味でした。それにしてもすごいボリューム。
f0043275_167561.jpg

f0043275_1685490.jpg

お腹いっぱいになった後は、みんなで銭湯へ。スーパー銭湯でなく
昔ながらの銭湯ね。
ママは銭湯のたらいが「ケロヨン」なのに、相当興奮してました。
修学旅行は3日目に続く、、
[PR]
by hinaokunio2 | 2008-01-20 16:10 | 旅行

バリ旅行 ウブドゥ編

ビーチで遊んだ後は、今回の旅のメインであるウブドゥへ。
ビーチから車で約1時間。田園風景、渓谷、ライステラスの広がる
自然豊かなバリ芸術の中心地。
f0043275_1349461.jpg

実はウブドゥには、弊社の「Kirana Spa」があるので、そこの方にお願いをして、スパに隣接する「The Royal Pita Maha」を予約して頂きました。

こちらのホテル、ウブドゥの王家が経営するそうで、なるほど、
邸内はまるで王宮に迷い込んでしまったかのよう。
f0043275_1348364.jpg

f0043275_13482595.jpg

部屋は、全てがヴィラスタイル。しかもプライベートプール付き!
f0043275_13502549.jpg


雨季なので仕方がないのですが、
雨が降り続き、、プールに入れたのは僅かな時間でした。とほほ。
でも、普段あまり聞くことのない、雨の音を聞きながら、本を読んだり、
お昼寝したりする時間もまた良かったです。
雨の音ってなかなか心地良いもんですね。一定のリズムではなく、気まぐれで。

今回の旅で嬉しかったのは、バリ料理がとってもおいしかったこと。
夏に旅行をしたウズベキスタンは、遺跡は最高でしたが、、食事は
サイアクだったので。。やっぱり食事は大事です。
サテ、ナシゴレン、ミーゴレン、ココナッツカレーetc、最高!
f0043275_1356686.jpg


最終日は「Kirana Spa」へ。
びっくりするくらい広大な敷地にたった15棟のビラがあるのですが、
プライベートな空間でまさに「極上な」トリートメントを受けることができます。
f0043275_1401091.jpg

f0043275_1403789.jpg


今回私達が受けたのはスィートビラでの3時間プログラム。
2時間のトリートメント&スパタイム。
私は1時間のフェーシャル&ボディ。夫は2時間のボディを選びました。

弊社のスパを絶賛すると宣伝チックな感じになってしまいますが、
でもでも、まさに痒い所に手の届く、気持ちよーい時間を過ごすことができました。
夫は開始10分くらいであまりの心地良さに爆睡、、、意味ないじゃんっって
突っ込みましたが、とっても深い眠りをむさぼれたようで。。それもまた
贅沢な時間の使い方でいいのかも。
写真は、うつ伏せした状態(顔の所には穴があいてます)
から見える風景。おもてなしの心をこんなとこでも感じました。
f0043275_1484236.jpg


3時間を経過しても、スパガーデン(プールやジャグジー、ミストサウナなど
があります)を夜9時まで使うことができるので、日本への深夜便
まで時間をもてあますことなく過ごすことができます。
ちょっと値段はお高めですが、それくらいの価値はあるかなー^^と。
ウブドゥを訪れる際には、是非お立ち寄り下さいませ~。もちろん男性の方も!
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-12-24 14:12 | 旅行

バリ旅行 ビーチ編

もうすぐお正月休暇があるというのに、代休を含め、4日間のお休みを
頂き、4泊6日(機中1泊)でバリ旅行に行ってきました!

最近旅行のプランニングは夫任せ(でも、しっかりダメだしはする。。いやな奴です)
だったのですが、バリは私が以前訪れたことがあったので、今回、担当大臣を任され、
プランニングしました。といっても、ホテルやエステを選んだだけですが。。

最初の2泊はサヌールにある「Bali Hyatt」に滞在。

ガイドには「歴史のあるホテルだけに設備は古い、、、」と記載があったので、
少々不安に感じる所もあったのですが、確かに最新ホテルとはいえないものの、
必要なものはちゃんと揃っているし、作りそのものは高級な感じです。
回廊などにも、いろいろなオブジェクトが置いてあり(しかも笑える)、落ち着いた雰囲気にあふれています。
f0043275_13215382.jpg

何より圧巻なのは、豊かな緑。森林の中にホテルが佇んでいるといった趣で
マイナスイオンたっぷり。緑と青(プール&海)に癒されました。
f0043275_13222448.jpg

ホテルのスタッフのサービス(いつももれなく笑顔付き)も良く、
気持ち良く滞在することができます。

1泊目は夜遅く着いたので、2泊といっても、実質1日半しかありませんでしたが
スノーケリングやバナナボートで遊んだり、テニスをしたり、YOGAに初挑戦したり
充実した時間を過ごしました。

YOGAで一緒になったオラン在住のフィンランド人のマダムは2週間も滞在して
いるんですって。さすが、ヨーロッパ。羨ましい限りです。

ところで、今回「リージェンシークラブ」というちょっと高めのクラスで
予約をしたのですが、クラブ専用の会場があり、そこで朝食&夕方5-7時には
軽食&ドリンク(アルコールもOK)をとることができます。
軽食といっても、結構な種類&量があるので、夜ご飯が賄えちゃいますので
値段の割りにお得感がありました。

よく遊んで、食べて、早く寝る。まるで小学生のような1日を過ごせて幸せ。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-12-24 13:32 | 旅行

9月24日-25日 熱海

夫のバースデーを祝うため、代休をとって近場の温泉地・熱海に
行ってきました。夫の会社の保養所があるので。(こんな場面でコスト削減)

新幹線で素通りするだけの存在だった、昭和の街、熱海。
「きっと昔は社員旅行で賑わっていたんだろうな」という大規模ホテルの
廃墟が連なっている風景が、その空気にマッチしているというか、なんと言うか。

夫が「昭和の時代の大衆車のカローラが売れていたように
画一サービス、料金で十分やっていけたんだろうね。
でも、カローラはモデルチェンジで進化してるけど、熱海はそのまんまだったんだろうね」
と言っていたのですが、なるほどーという感じですね。

ゴルフ練習場に行こうと、車でうろうろ探していたら
「秘宝館」に行き着いてしまいました。
大学の友人Cが「ある意味おもしろかったよ」と言っていたのを
思い出して、つい入ってしまいました。

・・・・・すごい。詳しくは書きませんが(書けませんが)
初期投資だけで、しかも、その後、ぜったい追加コストが発生していないような
設備しかないのに、1700円は高すぎる!絶句です。
けど、ある意味、おもしろいので(←無責任)時間とお金に余裕が
あったら是非行ってみて下さい。

次の日のゴルフは夫婦とも、最悪、、、。練習してなさすぎ、と
いうことを実感。来週の会社コンペ大丈夫かな。。

ともあれ、夫さん。お誕生日おめでとー。
最後の20代を満喫してね!
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-09-25 21:55 | 旅行

8月18日(土) 韓国

トランジットで韓国に1泊。

私は3回目の韓国訪問ですが、夫は初めて。
1回目は友達、2回目は母と両方とも女同士で
来たので、ショッピングやエステ三昧だったけど
男の人in韓国は食事重視になってしまうみたい。

ま、ウズベキスタンで食事を楽しめなかったので
私もノリノリで、ブルコギ、冷麺、焼肉を、まさに
食べまくり。おいしかったー。
f0043275_2155442.jpg

f0043275_21561228.jpg


ちゃっかりネールにも行ったけど。
夫も足のケアをやってもらいつつ、気持ち良さそうに寝てました。

夏休み、終了です。来年はどこに行こう?
夫が決める番なので、ヨーロッパになる予感。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-09-02 21:58 | 旅行
早朝の飛行機で、ヒヴァからタシケントへ。

日本人のサラリーマンバッグパッカーは
同じような行程で動いている人が多いみたいで、
飛行場では、顔見知りになった日本人と情報交換。

こないだのGWはイランに行ったとか、キルギスで
泳いできた、とかツワモノばかり。
日本人ってホント旅行好きですよね。

久々の、といっても1週間ぶりのタシケント。
日本から到着したときは、「何にも無いところだなぁ」と
思ったけど、
サマルカンド⇒ブハラ⇒ヒヴァと渡り歩いてきた今は
「すごい、都会!」なんて思うようになりました。

タシケントでは、おみやげを買ったり、久々の洋物の食事
(ハンバーガー)を楽しんだり、、、あ、あと、
高級ホテルのロビーに長時間居座ってのんびりしたり。

明日は韓国です。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-09-02 21:50 | 旅行
ヒヴァです。
サマルカンド、ヒバラとともに世界遺産の街。

外敵の侵入をふせぐために外壁と内壁の二重の城壁で守られた
中世そのままの街並みが残っていて、まるでタイムスリップしたような
気分になります。
f0043275_2131552.jpg

f0043275_2132241.jpg

城壁の中に住んでいる人達もまだたくさんいてるのですが、
とにかく子供達が多い!
10歳くらいの子供が、小さな子供をおんぶして面倒見ている姿を
見ると、こうやって脈々とこのオアシス都市は受け継がれてきたのだなぁ
と思ったりもしました。

サマルカンドの青、ブハラの茶色の街並みも良かったけど、
私は「生きた街」であるヒヴァが一番印象に残っています。
(ヒヴァは中央アジアで最大の奴隷市場があったそうで
牢屋があったり、罪人を落とす塔があったり、ぞーっとしたりする
場面もありましたが。。)

そろそろ夏休みも終わり、、、
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-09-02 21:41 | 旅行
何とか体調は持ち直したので、次なるオアシス都市ヒヴァに移動。

ブハラからヒヴァ間は500キロあるのですが、電車も飛行機も
ない、、、でも、体調も悪いし、バスは絶対にいやー!!
ということで、そこは社会人、専属の1日運転手を雇うことにしました。

仲介をお願いした旅行代理店の担当者からは
「英語の喋れる運転手」と聞いていたのに、
実際はほとんど喋れず、、身振り手振りでの意思疎通。ま、そんなもんです。

途中、日本人も参加しているテニスの大会を観戦したり、
砂漠に降り立ってみたりしながら、約5時間でヒヴァに到着~。
これがバスだったら、確実に10時間はかかっていたね。
f0043275_21154284.jpg


今日はゆっくり休んで、体力温存。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-09-02 21:17 | 旅行
今日ははりきってブハラの街を歩くぞ!と
意気揚々と出発したものの、
タキ(大通りの交差点を丸部屋で覆ったバザール)、モスク、
キャラバン等を見ている内に、あれれ?足元がフラフラする。。
f0043275_18231967.jpg

f0043275_1823525.jpg

f0043275_18242231.jpg

暑いから体力が奪われてるせい?と休み休み歩くも
一向にフラつきは治らず、しかもお腹まで痛くなってきたので
お昼前に一旦ホテルに戻る。。

夫もちょっと調子が悪いとのことだったので、二人でしばらく休憩して
夕方頃出掛けようと言ってたのに、体調はどんどん悪化。
お腹が究極に痛い!しかも、頭までだんだん痛くなってきた。

夫に熱を計ってもらうと、38度超えてるー!
(夫と違って)滅多に風邪を引かないので、その数字を見ただけで
意識朦朧。。苦悶の時間を過ごしました。

その間、夫は濡れタオルをあててくれたり、お腹をさすってくれたり、
献身的に看病してくれました。自分も体調悪いのに、、ごめんよ。
後から聞いた話によると、真剣に旅行を止めて、帰国することを考えていたらしい。

次の日には、何とか熱は下がり、旅を続けることにしましたが、
一体何だったんだろ。食べてはいけないとガイドに書いてあった
フルーツを食べ続けてたから?
もしかして、市販の水が、ホントは水道水だったのかな??
と未だ原因は特定されてませんが、本当に辛い一日でした。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-09-02 18:31 | 旅行