日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

カテゴリ:お出かけ( 57 )

休日のブランチはいきつけ(にしたい)喫茶店にて。夫は新聞、私は雑誌を読みながらまったりとブランチを楽しみました。ここまでは快調な出だし。

その後、「土曜日恒例の1週間まとめて大掃除をしてスポーツクラブに行って、、、」と青写真を描いていたのですが、掃除に取り掛かりたくなくて現実逃避タイムが開始してしまいました。くだらなーい午後の再放送テレビをだらだら見ちゃった。結局、掃除が終了したのが5時ごろ。中途半端な時間になってしまったのでスポーツクラブは断念。

「鶴見川沿いをランニングして、そのついでにスーパー銭湯に行く」というプランに変更!風は強いものの気持ちの良い日だったので、ランニングも爽快でした。葉桜に初夏の到来を感ながら。。
f0043275_23232395.jpg

森永工場の横を通ったときはぷーんっとチョコレートの匂いを感じました。工場見学に行ってみたのですが、平日しかやってないのですって。残念!
f0043275_23363568.jpg


今日行ったのは「おふろの国」。「ストロングバス」や「打たせ湯」「日替わり(本日は桜風呂)」など13種類のお風呂を楽しめます。家族連れで大賑わい。アカスリやマッサージもできるみたい。

帰りはゆっくり歩いて帰りました。途中、懐かしーい感じの商店街を発見。
昭和初期から変わってないような、何とも素敵なお店がたくさんありました。
f0043275_23291922.jpg

野菜は「ざる」に入って売られていて、スーパーにはない「ばら売り」があり、週末しか料理をしない私達夫婦には丁度良い量を購入できるのが嬉しい。
f0043275_23324137.jpg

購入した野菜を使って作った晩御飯は、
●キャベツとお肉のにんにくバター炒め
●アスパラとチーズのリゾット
●煮たまご
f0043275_072858.jpg

だらだらのーんびり癒しの土曜日でした。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-04-08 23:34 | お出かけ

3月25日(土) お散歩日和

「週末、特に土曜日はとっても天気が良いのでお出かけ日和です♪」と目覚ましテレビのお姉さん(名前が覚えられない!あと、同じ番組内のアナウンサー同士でチャン付けで呼び合う感覚が馴染めない。と思うのはおばさん感覚か?)が言っていたので、絶対に早起きして出かけるぞ!と意気込んで前日寝ましたが、予想通り起きれず。。でも頑張って11時頃外出。

まずは、前々から行きたいと思っていた近所のカフェで朝食。学生時代から「行き着けのカフェ」というものに憧れていたのですが(タッチの「南風」のような←分かります?)、浮気性な私は未だマイカフェを持ったことはありません。家の隣にある、常に常連さんで賑わっているようなカフェに夫に付き合ってもらって入りました。で、感想ですが、マダムは70年代パリにいかにも憧れてそうなアンニュイな感じでグッド。フランスの写真集や、小説、新聞等が所狭しと置かれていて、これぞ私が求めていたカフェ!!!週1くらいで通ってマダムに常連と認めてもらえるよう頑張ろうと思います。
f0043275_21115581.jpg

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
カフェで朝食をとった後は、「三ツ池公園」でお散歩。何でも桜名所百選に選ばれているそうですが、三分咲きくらいでした。来週が見ごろかしら?老若男女で賑わう公園をぶらぶらお散歩しましたが、気持ち良かったー。
f0043275_2116444.jpg

f0043275_21162034.jpg

桜は学生時代は次の学年、または学校のスタート、という新しいはじまりを告げるけど、社会人になると○年目と、年数が1年増えるだけで代わり映えがないのが(転勤は有り得るけど)淋しいですね。でも、ちょこっとだけ4月から仕事内容が変わるし(増えるし)新たな気持ちでスタートを切ろうと思います。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-03-27 21:19 | お出かけ

3月12日(日) 牛久

茨城2日目の今日は夫が練ったプランの通りに行動。
茨城出身の夫ですが、茨城観光には全く精通していない模様で、ガイドブックを購入してプランニングしてました。

「笠間」「大洗」という選択肢もあったようですが、東京に近づく方が帰りが楽ということで「牛久」に決定。

牛久に何があるかというと「ギネスブックにも載っているでっかい大仏」と「牛久シャトー」。
まずは「大仏」見学。
ガイドには「手のひらに奈良の大仏が手のひらに乗るくらいの大きさ」、と表現されていて夫と「まさかねー」なんて言ってたのですが、本当にそれくらいお大きさでした。まさに大きさで勝負しました感が伝わってきます。
とにかく、でっかい。周りに何にもない荒涼とした土地にでっーんと立っているのです。
f0043275_21273088.jpg

目の前に行くとこんな看板有り。っていうか怖い。
f0043275_2129465.jpg

f0043275_2130632.jpg

大仏の胎内にエレベーターであがることができます。
自動ドアが開き、中に入ると真っ暗闇の中「平和の光」なるカラフルな電飾が光っており、まさにディズニーランドのアトラクション。いちいちうさんくさい。でもれっきとした真言宗東本願寺派だそうです。
夫と両親とつっこみながら一通りみてきました。
二度と行かないと思うけど、何かのついでがあったら話のネタに行って見ることをお薦めします。

その後は日本のワイン発祥の地であるという「シャトーカミヤ」へ。
f0043275_21391879.jpg

神谷伝兵衛が1903年にこの地で本格的なワインの生産をはじめたそうです。
父は資料館で浅草にある「神谷バー」とここが繋がったと嬉しい(らしい)発見をしてはしゃいでました。

ランチをシャトーにあるレストランで食べ、運転役が運命付けられている夫以外はワインももちろん飲み、挙句の果て、帰りの車で気持ち良く寝ちゃいました。。
しかも家に到着して父、母、私とも起きて言った言葉は「え、もう着いたの?早いね」なーんて出発してから1時間経ってましたね。そんな時「はい。10分で着きましたよー」という夫は素晴らしいお婿さんです(笑)
いつもながらごめんよ。そしてありがとね!
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-03-13 21:48 | お出かけ

3月11日(土) 筑波山

夫の両親(義父母)が私の両親を筑波山に招待して下さいました。
もちろん夫と私もご同伴に預かりました。
まさに春という素晴らしい天候の中、1泊2日のちょっとした小旅行です。

朝9時に実家に行くね、と自分で行っておきながら寝坊。。
実家着は10時。父の自慢の車(RX-8)に乗り込みいざ茨城の夫の実家を目指します。

今日の目的は「両家の交流」(かと思われる)
結婚して約半年で私が単身NYに行ってしまったので、両家同士電話などでこまめに連絡をとっていたようですが、ゆっくり顔を合わせて話す機会がなかったのです。

リフォームして1年のピカピカの義父母の家でお茶をして、近くでお蕎麦を食べ、今日の目的地である「筑波山」に到着。
義父母は私たちをもてなすため念入りに準備をして下さり、下見まで行って下さったみたい。。
なのにお義父さん、筑波山までの車道で迷ってしまいあせってました。
きっと緊張していたのでしょうね。

関東平野が広がるまったいらな土地に聳える筑波山。
足で登れるルートもあるようですが、私たちはもちろんロープウェイ乗車。
f0043275_2143986.jpg

8分で山頂付近に到着。らくちんです。
そこから5分ほど登ると山頂へ。地平線もみえんばかりの関東平野。
f0043275_216335.jpg

簡単に登れるのは良いのだけど、柵も何にもなくてちょっと足滑らせたら落ちちゃいそうなスリル感を味わえます。こんなに無防備で大丈夫なのか?と疑問に思うくらい。

帰りはケーブルカーね。スイス製らしいケーブルカーはぴかぴかでした。
f0043275_2194488.jpg

義父に先導され、お次は降りた所から歩いて20分ほどの所にある「梅山」へ。
「つくば梅祭り」が開催されているのです。
今年は梅の咲きが遅く、本来なら21日で終了する予定だったこのイベントは月末まで延長されたらしいです。
今日は「紅梅7分咲き、白梅3分咲き」という看板が掲げられてました。
f0043275_21132899.jpg

白がやはりほとんど咲いてませんでしたが、紅梅がきれい。
梅、そして桜。どんどん春の足音が聞こえてきます。
そして花粉もちゃんと飛んでました。苦しかった。。

夜はあんこう鍋、そして酒、酒、酒。
両家のチチはできあがちゃって大変でした。。
私たち夫婦と両親はホテルに宿泊だったから良かったけど、気持ち良さそうに酔っ払ったお義父さん、そしてお義父さんを連れて帰ったお義母さん、本当にお疲れ様でした。
「良いお義父さんとお義母さんに恵まれて良かったわねー」という母の言葉ですが、その通りです☆
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-03-13 21:19 | お出かけ

2月18日・19日 さとがえり

夫の実家は茨城県。「いばらぎ」、ではなく「いばらき」、なのだそうです。
関東在住うん十年ですが、彼に教えてもらうまで知らなかった。。

今までは東京からバスに乗って行ってましたが、今回は「筑波エクスプレス」(TX)に初乗車。
秋葉原から守谷まで40分ほどの快適な旅(←大袈裟)でした。
f0043275_20555229.jpg

秋葉原では噂のメイドの格好をしたおねえさんをみました。
ひたすら寒そうでした。
f0043275_20561247.jpg


彼の実家では「ちゃんと帰っていてくれて良かったね。○(夫の名前)くん!」とひたすら言われました。。帰ってこないかも、と思われてたのかしら??
上機嫌なおとうさんの晩酌にお付き合いして結構飲んじゃいました。
そして次の日も上機嫌なおじいさんにお付き合いして結構飲んじゃいました。。
久々に夫のご家族に囲まれて楽しく飲んだ週末でした!!
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-02-19 20:59 | お出かけ

2月14日(火) タンタン

引き続き体調不良。
あまりの辛さに会社をお休みすることに。
バレンタインなのに!ってあんまり関係ないけど。

午前中までひたすら体を休めたら、何とか復調。
病院に行った帰りに、夫へのバレンタイン用に
予約しておいたチョコを取りに行きました。

何のチョコかと言うと、、、愛しのタンタン(TINTIN)ショップの限定チョコ。

このブログにも絵を載せていますが、fumikoの影響ですっかりタンタンの虜に。
f0043275_20483670.jpg

くるっとはねた前髪がトレードマークのタンタンはベルギーのエルジュという作者によって描かれた少年レポーター。相棒のスノーウィー(白い犬)と一緒に世界中を冒険するのです。
とにかく絵がかわいくって夢があって大好き。我が家にはタンタングッズが増殖中。
(ニューヨーク滞在中はダックに浮気してましたが。。)

夫もフランス語を勉強するのに役に立つとかなんとかで絵本を買ったりしていて、結構お気に入りの様子なので、タンタンチョコを贈ることにしました。
(会社の後輩は「それって自分のためじゃないですか?」と言われたけど、そんなことないぞ!←力のない反論)
チョコの入れ物はこちら。中身はベルギーチョコなのです。
f0043275_20512836.jpg

また、夫の好きな車であるフォルクス・ワーゲンwithタンタンも贈りました。
f0043275_20522212.jpg

いつかこの車に乗ってヨーロッパを一周しようね(連れて行ってね)という気持ちを込めて!
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-02-16 20:53 | お出かけ

2月4日(土) 東京再発見

夫の友達であるY氏の彼女(中国人)が東京に遊びにいらっしゃるということで、ご一緒させて頂きました。

お会いするなり流暢な日本語でご挨拶。
私は大学時中国語が第二外国語だったのに、一言も喋れない。。
唯一自信を持って言えた「自分の名前」も結婚して苗字変わっちゃったしなぁ。
共通語は英語だったのだけど、日本で日本人同士が英語を使うのって
照れますね。。

Y氏もH氏も夫も私も「ノープラン」だったのですが、
彼女の希望は「サイト・シーイング」。
ということで、東京再発見プロジェクトが開始しました。

まず行ったのは「皇居」。
(よくよく考えてみたら中国の方をお連れするのには
相応しくない、、、)
生粋の日本人である私ですが、実はちゃんと訪れるのは初めて。
いつかはあの旗をフルフルさせる「一般参賀」なるものに
行ってみたいと思うのだけどね。もちろん興味本位で。
f0043275_17372837.jpg

橋の前には警察の派出所がありました。
おまわりさんはすっかり観光案内おじさんになってました。
f0043275_17382362.jpg

はい、お次は東京タワー。
この日はとにかく寒くて、、、。
彼女さんは「北京より全然温かい」と仰ってましたが、暖冬だったNY帰りの
私には耐えられない寒さ。タクシーをフル活用です。

以前東京タワーに登ったのは高校の時かな。
その時も外人の方をご案内していたような記憶が。
ご案内というか、楽してハトバス乗車したような。。
近くの観光ポイントって自主的にはなかなかいかないもんですよね。

特別展望台には行かず地上150Mの展望台を満喫。
360度東京、ちょっと神奈川、千葉。富士山は見えませんでした。
会社もちゃんと確認しました。
f0043275_17443135.jpg

f0043275_1745418.jpg

東京タワー近くにある料亭っぽい「豆腐屋」が非常に気になります。
行ったことある方、情報頂戴。

とってもかわいらしくて、話もおもしろいY氏の彼女。
日本におけるたくさんのDiscoveryを話してくれました。
社交辞令じゃなくて本当に北京に遊びに行かせて頂きますねん!!
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-02-05 17:50 | お出かけ