日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

カテゴリ:お仕事( 33 )

出張3日目。夜中に突然目が覚めちゃったりするけど、時差ぼけはだんだん治ってきました。
朝ご飯は、昔良く言っていたデリで買って食べています。大好きなアメリカンチェリーがこんなに食べれるなんて幸せ。日本で買うと高いんだもの。いつも我慢している分、毎日食べまくりました。
f0043275_0332274.jpg

f0043275_0333843.jpg

f0043275_0335292.jpg

今日は上司と一緒のミーティングはお昼までで終わり、ランチは上司のことを大好きなインド人のCFOと3人で。ウェスト・ビレッジのインドレストランに連れていってもらいました。インド料理と上司に囲まれたCFOはこの上なく幸せそう。(ちなみにCFOはちゃんと奥さんも子どももいますので)

NYは昨日とは打って変わって快晴で、気持ちのよう初夏の陽気。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-07-16 00:37 | お仕事

7月5日(水) お仕事開始

NYには子会社がいくつかあるのですが、今日はSOHOにある会社に出勤。実は私はこちらの会社に来るのが初めて。今回一緒に来た上司が昨年まで社長をやっていた会社なのですが、初訪問できるのを楽しみにしていました。

会社の最寄り駅の地下鉄を出ると、ものすごい雨。私は傘を持っていなかったので上司に入れてもらったのですが、ずぶぬれ。。タイミングよく傘売りが来たので購入しました。そのお値段10ドル。完全に足元見られてます。しかも、重く大きい、今後二度と使えないような傘。。あーあ。

SOHOのオフィスでは、久しぶりにfujiko先輩にお会いしました。ブログをよく見させて頂いているので、久しぶり、という感じがあまりしませんでしたが、変わらずきらきらしていました!

久しぶりの英語でのミーティングに緊張しきり。CFOはインド人なのですが、なまりが結構きつくて最初言っていることがほとんど分からず。。ふと隣にいる上司をみると、フムフムと頷きながら聞いているので、びっくり。後で聞いてみると「私は彼の英語が一番分かるんだよね。むしろ白人の英語が分からない」と言っておりました。向き不向きがあるのかしら。

仕事を終えて、夜は「DONA」という新しいお店に連れて行ってもらいました。以前あったBelliniには行ったことがありましたが、DONAも同じくイタリアン。時差ボケのためか、あまり食欲はなかったのですが、おいしくて前菜もメインも全部食べちゃいました。

もう一軒バーに行った後、私はお先に抜けて、友人の待つ「CASA MONO」へ。ここはNYに居た時2度ほど来たことがありますが、いつも混んでいます。友人達が席を確保していてくれたので、すぐに座ることができ、話に花を咲かせました。みんなといると、ずーっとNYにいたかのような錯覚に陥ってしまいます。楽しくってあっという間に日付を越してしまいました。戻ってきたいなぁ。。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-07-16 00:24 | お仕事

7月4日(火) 独立記念日

1月に日本に帰国してから初めてのNY出張。13時間の長旅、しかも一緒に行く上司とは飛行機が違ったので、らくーな服を着て、眼鏡をかけてという寝る気マンマンな格好で、出勤前の夫に成田エクスプレスが出る品川駅まで送ってもらいました。車内の週刊誌広告に「7月4日、大地震か!?」という見出しがあったので、ガセだと思いつつも、「絶対に生き延びてね」とお別れしました。

今回の飛行機はANAだったので、新しくオープンしたばかりの成田空港第一。確かにきれいだったけど、特に目新しいものはなかったような。。といってもあんまり探検してないけど。
f0043275_23484711.jpg

本を購入して、搭乗予定時間5分前にゲートへ、、、と、「出発時間変更」の文字が!
あーあ、と思いながらも1時間くらいだったらしょうがないかぁ、なんて思っていたら、「11時の出発予定でしたが、エンジンの故障による機体変更のため16時に出発変更をします」というアナウンスが!!どよめきが起きました。。だって5時間も遅れるなんて、NYでの上司との待ち合わせ時間ギリギリじゃないーー。しかも5時間も何してればいいの!?と一瞬パニック。
アメリカの飛行機が時間変更なんてよくあることだけど、日本で、しかもANAでそんな事態にあうとは想像もしていなかった。。エコノミークラスは2千円のミール券が貰えたので、お腹すいてなかったけど、腹立ち紛れに、2千円で買える一番高い食事をオーダーしました。

と出発時に色々ありましたが、上司との待ち合わせ時間である18時ちょっと前にJFK空港に到着。上司に飛行機が遅れたことを伝えたいけど、上司の電話は日本からのローミングシステムの電話のため、国際電話となり、公衆電話を使いたくてもそんな大量なコインを持ってないし、私の携帯電話にはバッテリーが入っていないし、、イエローキャブのおじさんに電話をお借りしました。ようやく連絡を取れたのですが、上司はその電話が私の番号だと思って登録してしまったらしい。

上司とのディナーは以前行ったことのある「Le Colonial」にて。静かだし、雰囲気も良いのでお気に入りのお店です。料理は、アメリカによくあるヴェトナム、タイ、インドネシアなどの混合料理。多分、ヴェトナムがメインだと思います。
二人でワインを2本空けました。。上司とのディナーの後は、懐かしのNYテニス仲間が待つTさん邸へ。再開を楽しみました、が、かなーりフラフラ状態で行ったので記憶があやふや。。後日、会った友達に「え、こないだ話したじゃん」と何度か言われました。覚えてない。。長い独立記念日の一日でした。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-07-16 00:03 | お仕事

7月14日(金) NY出張終了

7月4日に日本を発ち、13日にNYより帰国しました。
本当は12日帰国予定が、仕事の都合で急遽1日延びました。

上司のスケジュールの都合で、独立記念日にNYに着き、しかも週末を挟むという、素敵なスケジュール。半年ぶりのNYを大満喫してきました!(もちろん仕事もしてきましたよ。念のため!!)

すっかり時差ぼけで、早朝にネットサーフィンをしたりしているのですが、NYでの出来事は、週末に少しづつアップしていこうと思います。
f0043275_4334047.jpg

[PR]
by hinaokunio2 | 2006-07-14 04:33 | お仕事

6月6日(火) 異動

仕事内容は変わりませんが、6月1日に部内の組織変更があり、グループがまた変わりました。
たった2ヶ月の短命グループだったなぁ。

上司は変わりませんが、人数が増え、上司の負担が増えるとともに、部下の負担も増えるという今回の組織変え。
今日面接があったのですが、「これからますます仕事を丸投げします」と宣言されました。
上司は勤続20年の休暇で来週からしばらくハワイに行っちゃうし、ややこしい仕事も多いし、今後が不安だわー。
でも単純だから、不安に思ったことすぐに忘れちゃうのだけど!ま、いっかってね。これは血筋ですね。

来月、半年ぶりに出張でNYに行くことが決まりました。
仕事のためとはいえ、久々のNY楽しみです。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-06-09 19:54 | お仕事

5月15日(月) アテンド

アメリカよりまたお客さまが来ました。
といっても、前のように我が侭アーチストさんではなく、常識の通じるビジネスウーマン。私の担当する会社のdirectorです。

彼女はインドネシア生まれ、シンガポール育ち、ニューヨーク在住のキャリアウーマン。肩書きから、それなりの御年を想像していたのですが、とても若い!そしてかわいい。何でもヨガを毎日行なって、鍛えているのだとか。いかにもニューヨーク!!

彼女と1日、東京・横浜のデパートを回ったのですが、その途中、ちょっと時間が空いたので、どこに行きたいか訪ねたところ「100円ショップ」とのこと。
何でも友達が以前東京に来たときに、100円ショップのバライティーの豊かさ、品質の良さに感激したとかで、彼女も興味津々だったそうです。

「Can Do」にご案内したのですが、私も滅多に100円ショップに行かないので、久々に訪れて確かにびっくり。何でも揃うじゃない!アメリカにも1ドルショップはあったのですが、品質はいかにも1ドルという感じ。日本はすごいですね。100円でここまで!と思うようなものばかり。

彼女は両手いっぱいの商品を購入しておりました。ちゃっかり、しっかりボーイフレンドへのおみやげも購入していました。

夜は新橋の居酒屋にご案内。大丈夫かな?と思っていましたが、「SAKE」をおいしそうに飲んでいました。良かった!
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-05-17 23:02 | お仕事

4月28日(金) 長い一日

二日酔いと寝不足に苦しみながらも4時半に起床。なぜかというと、今日も日課となっているPark Hyattに行くため。朝8時半から、担当ブランドのアーチストと弊社社長との面談が予定されているから、何としてもアーチストを時間通りに連れていかなければならないのです。私のサラリーマン人生がかかっている重要な仕事、と上司に脅されました。。サラリーマンって悲しい、とつくづく思いました。

月末だし、朝だし、渋滞が十分予想されるので、通常は車で30分もあれば新宿から汐留本社まで行けるところ、1時間前に来て欲しいと依頼したものの、「No」との答え。じゃ、せめて45分前は?とトライし、それは了解してもらいましたが、いやはや。。
とはいえ、約束時間通りに来てもらえない可能性大。社長は8時半から20分しか時間は取れないと予め秘書の方に言われていたし、もし遅れて社長面談が出来なかった場合は、上司が謝りに行くという、関係者一同決死の覚悟。
なので時間通りに彼がエレベーターから現れてくれた時には、さんざん振り回してくれた我侭王様だけど、後光がさしてるように見えました。朝早いのが、未だにむかつくのか早速文句言われたけどねーー。それは、はいはいといなして車に押し込みました。
という訳で無事、社長面談決行。朝9時に、私の今日の仕事は終わったかのような、達成感を味わいました。上司に「今日、もう帰っても良いですか?」と聞いたところ「それなら僕も帰る」だって。きっと上司もものすごく緊張していたのでしょうね。

夜は、アーチストが楽しみにしていた、というか、このために来日が実現した、東京写真美術館で行なわれた、彼が敬愛するGuy Bourdinという写真家の内覧会とパーティーに出席。
f0043275_1752110.gif

多くのアーチストにリスペクトされているという、Guyの写真は難しいな、と感じるところもありましたが、赤色を斬新な手法で使っていて、心に残る写真がたくさんありました。といっても、アーチストと、今度は弊社会長との面談が滞りなく行なわれるかでハラハラしたり、内覧会に来ていた芸能人にくぎづけになってたり、で写真はゆっくり見れなかったのですが。。
浅野忠信、永瀬正敏、木梨憲武は分かったけど、多分他にもいっぱいいたのだろうな。なかなか気付けないものですね。上司なんて、浅野忠信の隣に普通に座っていたので「隣、浅野忠信ですよ!!!」と教えてあげたら「え?誰それ??」と言っていました。最後の最後で「もしかして座頭市に出てた?」とか言ってたけど、遅い!!ちなみに浅野忠信はかっこ良かったです。恥ずかしくて写真撮れなかったのが悔やまれる。。

ロブションで行なわれたパーティーはものすごい人だったのと、アーチストもお友達がたくさんいるので(というか無理矢理招待させられて)、もう大丈夫だろう、と上司と二人で抜け出し、恵比寿のビアホールでお疲れ様会をやって頂きました。上司と飲むと、いつもピッチが早くなってしまい、飲みすぎちゃうのだけど、もちろん今日も。
上司はいつもサラリーマン人生について語ってくれるのですが、今日は家庭のことも含めて色々語ってくれて盛り上がりました。明日から9連休だし、心地良い開放感!アーチストが帰国するまであと2日あるけど、もう大丈夫でしょう。大変だったけど、色んな出会いもあった、アーチスト来日でした。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-04-29 17:05 | お仕事
本日もPark Hyattに日参致しました。
アーチストがうけるプレス・インタビューのお仕事。場所が彼のお部屋(もちろんスィート)なのです。ロビーで雑誌社の方と待ち合わせをして、彼のお部屋に送り届けるお手伝い。
Lofficiel、Elle Japan、Dune、WWDと四誌の編集者の方とお会いしましたが、みなさんお仕事柄、好奇心に満ち溢れていて魅力的な方ばかりでした。
時間前にいらっしゃるので、待機する間、お話をしていたのですが、Lofficielの方は最近対談したIchiroの話をしてくれたり、Lost in Translationにもチャーリーという役柄で出演したというDuneのHさんは、「昨日までソフィア・コッポラと打ち合わせがあって、今パリから帰ってきました」という話で、羨ましい限り。
編集のお仕事は噂にたがわず、半端ではない激務っぷりだそうですが、みなさん本当に仕事が大好きという気持ちが伝わってきて、気持ちの良い刺激を受けました。

11時~7時までずーっとロビーに座っていて、明日も早いし今日はまっすぐ帰ろうと思っていたのに、先輩に「一杯だけ飲んで行こう」とお誘いを受け、「一杯だけなら」と承諾するも、そんなんで終わるわけなく、結局いっぱい飲んで帰りました。久しぶりに酔っ払った。。明日、4時半起きなのにーー。大丈夫か!?
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-04-29 15:14 | お仕事
映画Lost in Translationの舞台となっていた「Park Hyatt Tokyo」に初めて足を踏み入れました。こんな高級ホテル、もちろんプライベートの用ではなく、仕事ね。アーチストを汐留の本社で行なう打ち合わせにお連れするためです。

緊張して待ち合わせ時間の1時間15分も早く到着してしまった・・・。小心者だもんでね。怪しい田舎物よろしく、ロビーを徘徊しましたが、さすが日本の名だたる高級ホテル。素晴らしい内装です。
f0043275_14451571.jpg

f0043275_14453139.jpg

そして外人多し。しかもみなさま、いかにもお金モチセレブって感じ。そしてホテルのスタッフは英語・フランス語必須?と思うほど。彼らの語学堪能っぷりに惚れ惚れとしていました。
あまりにも長い間、誰かを待っているので、ホテルマンも不審に思うのか、「何か御用はありましたらお申し付け下さい」と最上の笑顔で話し掛けられた。。恥ずかしい。

待ち合わせ時間になってもアーチストは現れない。。本社では、様々な人が準備して待っているので、待ち合わせ時間から5分経過したところで電話をしてみる。すると「あと10分後に行きます」だって。ええええーーー。でも言い募るとキレルのは分かっているので(子供か!?)、忠犬ハチ公のように待つ。やっと現れたーーと思ったら、開口一番「今日は予定より30分早く帰るのでそのように手配して」ですって。本社で一生懸命企画&準備をしている先輩の顔が思い浮かぶ。でも彼の指示はたいていにおいて覆ることはないので、本社に電話。。「予想の範囲内です」とのお答え。いやー外人セレブっていいよな、、、。サラリーマン常識は一切通じないのです。

新宿から汐留の交通渋滞もあり、到着は予定より30分遅れ、お帰りも30分早まり、バタバタとした打合せになってしまいましたが、もちろん最後までお詫びの言葉はありませんでした。
気を使いまくって疲れました。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-04-29 14:59 | お仕事

4月17日(月) 調整役

最近、会社のあるアーチストが来日するので、そのブランドを担当している私はまさに旅行会社かい?状態な毎日。ハイヤーを手配したり、ホテルに毎日電話をかけたり、各種様々なプラン表を作成したり、その上、関連部門が多岐に渡るので調整しまくりな今日この頃。その上、経営報告の準備があったり、、、でバタバタしてるのに頼みの上司は南国に出張中。月曜日から疲れ果ててしまいました。でも、そのアーチストとは初めてお会いするので、楽しみではあります。(不安もいっぱいあるけど)

そんなぐったり帰宅の私に、夫が作ってくれた夕飯はカルボナーラ。何もしなくても家で自動的に(?)ご飯が出てくるのって嬉しいー。実家にいたときは当たり前すぎて気付かなかったけど。今さらながらハハに、そして今日のコックである夫に感謝です。
[PR]
by hinaokunio2 | 2006-04-17 21:44 | お仕事