日々起こるあれこれの備忘録


by hinaokunio2

<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

1月27日(土) 結婚式

竹芝のインターコンチネンタルホテルで高校友達の結婚式。

彼女は私がNYにいる時に遊びに来てくれたのだけど、
その時には「彼氏はいない」と言っていたのに、
今日はそれから1年4ヶ月しか経っていなことに、ちょっと驚く。
NY旅行の後すぐに、高校の友達が企画した食事会で
出合い、順調に愛を育み、今日に至ったとのこと。

色の白い新婦は、本当に美しく、まるでディズニーランドの
お姫様のようでした!
初対面の新郎は、優しく、フレンドリーで、お似合いの夫婦。
スヌーピーが色々な所に飾ってあったので、新婦の趣味だったっけ?
なんて思ってたら、新郎が大好きなんですって。意外、、だけど微笑ましい。
末永くお幸せにね!!
f0043275_1756411.jpg

[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-28 17:58 | お出かけ

1月26日(金) イタリア街

ゑっちゃんと汐留イタリア街にある「la loggia」でお食事。

「イタリア街開発プロジェクト」って全然進んでいないようなので、何かの理由で頓挫したのかと思っていたら、いつの間にか数軒のレストランはオープンしていたらしい。
高級イタリアンレストランの「la loggia」もその一つ。

料理もおいしいし、お店の雰囲気もとっても良かったのだけど、金曜日だというのに、お店はガラガラ。きっと、イタリア街がひっそりとオープンしていること、知られていないのだろうなーと。
人もいないから、まるでゴーストタウンのようでした。

でも、その分、店員さんのサービスを色々受けることができました。
ハーブティーとかクッキーをタダでご馳走に。
というか、1ヶ月遅れのお誕生会ということで、ゑっちゃんに
全部ご馳走して頂きました。ありがとう!!
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-28 17:41 | ご飯

1月25日(木) 懐かしの田町

田町は中・高校の6年間、そして初配属地も田町にあったので
足掛け9年ほどお世話になった街。

初配属地では営業をやっていたのですが
一番近い先輩が5年上な上、ほとんどが男性だったので
完全にお子様扱いで、(良く言えば)可愛がって頂きました。

あの頃はほとんど毎日会社飲み会。
「さぁ、飲みに行くぞ」と誰かが言って、仕事が終わった人から
何店かあるいきつけのお店に集まるという日々。
終電逃してタクシーで帰る日も数知れず、、
当時は大変なこと、嫌なこともたくさんあったはずなのに、
良い思い出しか残ってません。

今日は、お世話になった先輩がフランスに行かれるということで、
懐かしのメンバーで送別会@田町。
7年前に私の送別会を行なって頂いた場所。重ね重ね懐かしい。

彼らにとっては、私はいつまでたっても新入社員のままらしく、
7年目という数字に驚き、そして自分達の年齢を改めて数えたりして
びびってました。先輩達が今の私ぐらいの年齢の時に、
入社したんだなぁと思うと変な感じ。

わいわい騒いで(途中から下ネタが入るあたり、営業系?)
笑いすぎて、お腹が痛くなるくらい。
ほとんど内輪ネタだったけどね。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-28 17:21 | ご飯

1月24日(水) マンキツ

1月から事業部長が外人になり、うちの部は着々と
欧米化が進んでいます。
会議は基本的に英語、議事録や提案書も英語で。

そんな方針が発表された時には、国際部といえども
ドメスティックな本社の雰囲気がいきなり変わるわけないと
思ってた、、のですが、管理職の方々が率先して
英語に切り替えて頑張っているので、のんびり構えていられない
雰囲気に。今日、定例の会議があったのですが、
日本人同士の会話も英語になっていました。。(ちょっとうける)
現地とメールでやり取りをすることはあっても、
最近、英語で会話していないので、やっばいなーって感じです。
英会話教室にでも通おうかしら。。

悶々としつつも、今日は毎月の山である会議が終わったので
定時に退社。水曜日は夫はノー残業デーなので、遊んで貰おうと
電話、、したのに繋がらない。
家に真っすぐ帰るのはつまらないので、夫からの電話を待つ間
マンガ喫茶に行っちゃいました。久々に。

そこではまってしまったのが、「僕等がいた」
純粋で真っすぐな恋愛マンガで、すさんだ心が洗われます。
夫が迎えに来てくれても、読み終わらず、待たせてしまうほど夢中に。
続きが気になるー。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-28 17:00 | 日常あれこれ

1月20日(土) ハンタマ

ウィークデーは仕事に追われていて、というか私の処理能力が低くて、残業続き、、。
1月からの新グループは、残業が多いメンバーが多いみたいで、ほとんど毎日、残業食(夜食)を食べに行こうと誘われるのですが、残業食を食べる時間ももったいない、というか早く帰りたいので、2日に1日は断っているのですが、夕食の時間にちゃんと食べた方がいいのかも。。ますます太ってしまう。。ダイエットしなくちゃ、、なのに。(いつも口だけ)

週末は睡眠不足を解消したい、、ところなのですが、頑張って早起きして初スキーへ。
夫と、夫と私の共通の友人カップル2組(その内1組は新婚)、計6名で。

場所は栃木の「ハンターマウンテン」。確か同じ名前のスキー場がニューヨーク州にもあったような。同系列??真相は分かりませんが、日本では「ハンタマ」と略して呼んだりするようです。
マスコットは、半熟たまごの「はんたま」ちゃん。(くん?)かわいいんだか、かわいくないんだか、微妙。

雪がない、というリスクを回避すべく人工雪のあるハンタマを(夫が)選んだのですが、意外と雪ありました。あんまり難しいコースには行かなかったけど、楽しかった!また行きたい。
でも、もう今季は無理かなー。
f0043275_1815362.jpg

[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-21 18:02 | お出かけ

1月16日(火) お豆腐

同じグループの先輩の「お豆腐料理」を食べに行こう、
というお誘いにのり、恵比寿にある豆腐料理専門店「空ノ家」に行ってきました。

喧騒からちょっと離れた静かな住宅街にひっそりと存在し、周りとは一線を画したような店作りは、まさに「空にある家」のような雰囲気。最近、会社帰りには新橋や銀座にある賑やかなお店にばっかり出没しているので、静かで大人な雰囲気に先輩ともども大満足。

そして、コース料理も、色々な表情のトーフを楽しめ、「え?次も豆腐?」という感じではなく、「次はどんな豆腐料理が出てくるの?」という期待で、全く飽きませんでした。

アメリカで5年間働いて、最近帰ってきた先輩は「やっぱり日本の料理は素晴らしい!」とご満悦。確かに忘れがちだけど、日本のレストランの質は料理・サービス含めて、平均点が高いと思います。どこに行っても、あまり外すことってないし。アメリカでは事前調査なしで行ったときは、だいたい外していたような。。今さらながら悔やまれる。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-21 17:44 | ご飯
昨日は、本格的な仕事がはじまった怒涛の一週間の
疲れを癒すべく、ダラダラしたり、ちょこっと勉強したり、ダラダラしたり(この
ループが続く)してたので、今日は天気も良いし、アクティブに活動しようと
前々から興味のあった「江戸東京たてもの館まで足を運んでみました。

私は自称「世界史好き」で、特にくらーいヨーロッパ中世に興味があり、
その手の本をちょこちょこ読んでたりしますが、
ここ数年は「江戸時代」にも魅かれています。

「江戸東京博物館」は一昨年行ったのですが、とってもおもしろかった!
江戸の街並が再現されており、当時の人々がどのような生活をしていたのか実感することができます。

で、次は、本物の建物が移築されているという「江戸東京たてもの館」に
行ってみたいと思いつつ、遠いので、、といっても小金井なんだけど、
土日には30分以上、電車に揺られたくないというめんどくさい病により
先延ばしにしておりました。

でも、ホント行ってみて良かった。
江戸時代の建物ばかりが移築・復元されているのかと思っていたけど、
そうゆうわけでもなく、色々な時代の建物がありました。

特におもしろかったのが、昭和の街並。
文房具屋さん、酒屋さん、銭湯、交番などが移築されていて、
まさにノスタルジー満載の街並が再現されてます。
f0043275_17221869.jpg

f0043275_17224159.jpg

f0043275_1723087.jpg

f0043275_17231668.jpg

f0043275_17233370.jpg

リアルに体験はしてないけど、親に聞いたり、ドラマで見たりしている
昭和の世界が目の前に。
駄菓子屋さんも、あったりして、そこで買った駄菓子を食べつつ
空き地で夫と竹馬や車輪転がしで遊んだり。
f0043275_17253758.jpg

親子連れも多かったのですが、親も子どもも活き活きと
とっても楽しそうに遊んでいました。
最近、こんな空き地を見ないですよね。
たまに空き地を見かけても必ず「マンション建設予定」の看板が立っていて
中に入れないようになっているし。。
平成になって、失ったものと得たもの。子どもにとっては
どんどん生き難い世の中になっているような気がします。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-21 17:29 | お出かけ

1月12日(金) ペルー料理

大学の友人が約1ヶ月遅れのバースデーパーティーをしてくれました。
友人Cが選んでくれたお店はペルー料理「荒井商店

私が大学2年のときに、南米に1ヶ月ほど滞在していたことがあり、
ペルーにも行ったことがあったのをを知っていたので、
わざわざペルー料理を選んでくれたようなのですが、
お店の名前を聞いたときは、ホントにペルー料理??
と訝しがってしまいました。だって、、荒井商店って。。酒屋?

でも、結構有名なお店らしいですね。「家庭的な雰囲気のレストラン」
特集にも載っているのを偶然見つけたりしたので、とっても楽しみにしていました。

シェフとアルバイト1名で切り盛りしているような、小さなお店でしたが、
確かにとっても家庭的。ペルーのお酒や料理のことを詳しく説明してくれます。
本場のペルー料理を食べてたはずなのに、もう10年も前のことなので
ほとんど覚えてませんでした。せっかくペルー料理を選んでくれたのに、
期待に沿えず、、(リアクション的に)。でも、おいしかったです。
特に、チキンの丸焼き。チキン好きの私にとっては最高のメイン料理でした。

そして、何よりのサプライズニュースは、Cの妊娠!!
私の誕生日(しかも1ヶ月前)のめでたさより、数万倍おめでたいー。
まだ2ヶ月らしいのですが、Cの二世がどんな子どもなのか、
今から楽しみ。きっと、親に似てパワフルなんだろうな。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-21 17:14 | ご飯

1月8日(月) 硫黄島

珍しく早起きして、朝9時半から映画を見てきました。
「硫黄島からの手紙」です。

まず驚嘆したのは(今さらだけど)、ハリウッド製作の映画なのに
全編日本語であるということ。
そして、俳優の演技が少々大袈裟であるかな、とも思いましたが、
しっかりと深堀されたストーリーであるということ。

今までのハリウッド製作の日本映画って「さゆり」や
「ラスト・サムライ」などでは、欧米主観の歪んだ日本が描かれて
いたので、クリント・イーストウッドの手腕に感心しました。

知覧に行ったときにも思ったことですが、
硫黄島で死んでいった日本人の大義は
「天皇のため」ひいては「日本で生きる家族、そして子孫が
幸せになるため」だったわけです。
あの戦争があって、彼らの犠牲があって、今の日本がある。
祖先として、その事実に目をそむけることなく、
戦争がいかに悲しいものか、知るためにも、
このような戦争映画は大きな意義があると感じました。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-08 17:42 | 映画

1月7日(日) 異文化交流

3連休の中日。
いつも日曜日の夜は「明日から仕事か、、」なんてちょい暗気分に
なりますが、今日はそんな気分とは無縁。
毎週、とは言わないけど、2週間に一度くらい3連休になればいいのに!
その休み分をカバーするくらい、残り4日集中して働くからさーー。
なんて思うけど、ただでさえ年間祝日数が多いと言われている日本。
企業が賛同するわけありませんね。でも、欧米みたいに
有休が取れない(取りにくい)環境は、改善すべきと思います。
今年は連続休暇を取るぞ!!

今夜は、明日がお休みなので、仲の良い同僚と、同僚の彼と私達夫婦で
ご近所デートをしてきました。
実は同僚の彼と私達は同じ駅県内に住んでいることが
分かり、それならお食事でもしましょう、という運びになったのです。

同僚の彼はドイツ人。夫は語学に長けているので(密かに
語学おたく、と私は読んでいます)、海外に住んだことないのにも
関わらず、英語はほぼペラペラ、その他にもドイツ語、フランス語
が少々喋れるので、一生懸命ドイツ語で会話にトライしていました。
(結局、意思疎通が上手く図れず、英語に戻っていたけど)

日本が好きで、働き口を探して来日しているくらいなので、
日本のことに興味津々の彼。
この半年間で首都圏近辺だけでなく、岐阜の白川豪や屋久島も
訪れていて、「是非行ってみるべきだよ!」と勧めてくれました。

ところで、今日、彼らカップルと話していて、
「I am proud of ~(同僚の名前)」という言葉が多用されていて、
いいなぁと思ったのですが、
そういえば、この言葉って日本語に訳すと、どうなるのかな。。
なんて考えてしまいました。
パートナーや家族を日常的に誉めることが慣習となっている
欧米ならではの表現だと思いますが、日本語だと
「誇らしいと思っている」「尊敬している」、、、?しっくりこないような。
日本は逆に、パートナーや家族を「謙遜する」ことが美徳とされているので
あまりそのような言葉を使う場面に出くわしませんよね。

でも、身近にいて、自分のことを一番分かってくれている
パートナーや家族にこそ、美点や頑張りを認めて欲しいし、
人前でも、変に謙遜することなく、誉めて欲しいと思っているのは
私だけではないはず。
自分のことを謙遜する慣習は、日本文化の悪い面でもあり、
良い面でもあると思いますが、パートナーのことを謙遜するのは
いかがなものかと。
といいながら、私もしょっちゅう夫のことを人前で謙遜しているかも、、、。
反省。
[PR]
by hinaokunio2 | 2007-01-08 17:21 | ご飯